ULTIMATE

あなたの期待を超えて

10年以上の権威ある各賞受賞の実績を経て、IsoTekは、ウルトラ・ハイエンド電源クリーニング・コンポーネント、Ultimate Seriesを発表しました。 革新的な技術と類を見ない専門性が創り出した2つの最先端の製品は、最高機種のすべてのオーディオ&AV機器のパフィーマンスを改善します。 EVO3 Super Titanは、オリジナルの直結回路(DCD FILTER)により劇的な改善を可能にします。 さらに世界初の超低歪・マルチ電源ジェネレーター、ジェネシスは、完璧に純粋に再構築された電源正弦波を創り出すのです。 高品質の音を追求する・・・ IsoTekは世界最高ランクの電源クリーニング機器を提供します。

EVO3 GENESIS

概要

ハイパフォーマンス・オーディオ&AV機器のためのクリーン電源技術においてベンチマークとなる製品。マルチ・ジェネレータを通じて、まったく新しく、極端に歪みの少ない電源正弦波を創り出す。
  • コモンモード/ノーマル(ディファレンシャル)モード・ノイズの除去
  • ノイズリダクション、85dB超。
  • 230V+/- 2%の安定電圧
  • 各端子を絶縁し、ノーマル(ディファレンシャル)・ノイズの相互干渉を防止
  • 前段機器用600Wクリーン電源
  • 世界初のマルチ電源ジェネレータ
  • 振動を完全に抑えるISIS(インデペンデント・システム・アイソレーション・サポート)構造
  • 英、EU、米で対応
※日本仕様は異なる場合があります。詳しくは代理店のWEBサイトをご参照ください。

特徴

  • 電源正弦波ジェネレータによって、600Wの低THD出力
  • スーパークリーン電源の安定供給
  • 安定電圧
  • ゼロボルトライン上の正弦波の対称性を完全に補正し、直流および変圧器のノイズの問題を排除します。
  • 電源入出力、電圧、THD、電気消費量の表示
  • 各系統、個別電源オン・オフ
  • 振動を完全に抑えるISIS(インデペンデント・システム・アイソレーション・サポート)構造
  • IsoTek電源ケーブルPremier標準装備
  • 英、EU、米、豪、スイスで対応
※日本仕様は異なる場合があります。詳しくは代理店のWEBサイトをご参照ください。

デザイン

最先端の正弦波ジェネレータ。クラスA/Bのパワーアンプと究極に歪みを低減した正弦波ジェネレータで、まったく新しいフル電源正弦波を構築。総出力600W。

削り出しアルミのボディに、振動を完全に抑えるISIS(インデペンデント・システム・アイソレーション・サポート)構造。入力電源クリーニングの常識を完全に覆す製品。

仕様

電源の数4
コンセント1~4(正弦波ジェネレータ)600W
全高調波歪0.05%~0.17% (一般値)
RFI削減+85dB extending down to zero Hz
電圧安定度230V or 110V +/- 1%
メイン・インレット16A IEC C20
ディメンション500 x 300 x 500mm (W x H x D)
重量45Kg

レビュー

圧倒された。音質を著しく改善することに疑いはない。

Hi-Fi News Magazine

電源コンディショナーに何ができるかを見せてくれる製品。手持ちのHiFiシステムの本当の音を始めて聞かせてくれる製品だ。

Hi-Fi World Magazine

リスニングルームですべての製品に試用したところ、すぐに非常に優れた結果を確認できた。壁のコンセントに差し込むだけで、どれだけ優れた製品かわかるだろう。

Hi-Fi+ Magazine


レビュー

INDUSTRY AWARDS

業界賞

EXPERIENCE IT LIVE

ARRANGE AN APPOINTMENT NOW

Experience the EVO3 Genesis live at your local dealer.

為 EVO3 GENESIS 的升級推介

EVO3 OPTIMUM

銀メッキを施したOCC(Ohno Continuous Cast)Copperの導線をしっかりと撚り合わせ正方形に成形。OCCは、電気特性・柔軟性・耐久性において非常に優れている。

閱讀更多 >

為 EVO3 GENESIS 的升級推介

EVO3 GENESIS

“A statement product that shows what is possible, setting the standards in mains synthesis… The IsoTek Genesis enables you to hear – really hear – your hi-fi system, possibly for the very first time”
Hi-Fi World Magazine