ULTIMATE

あなたの期待を超えて

10年以上の権威ある各賞受賞の実績を経て、IsoTekは、ウルトラ・ハイエンド電源クリーニング・コンポーネント、Ultimate Seriesを発表しました。 革新的な技術と類を見ない専門性が創り出した2つの最先端の製品は、最高機種のすべてのオーディオ&AV機器のパフィーマンスを改善します。 EVO3 Super Titanは、オリジナルの直結回路(DCD FILTER)により劇的な改善を可能にします。 さらに世界初の超低歪・マルチ電源ジェネレーター、ジェネシスは、完璧に純粋に再構築された電源正弦波を創り出すのです。 高品質の音を追求する・・・ IsoTekは世界最高ランクの電源クリーニング機器を提供します。

EVO3 SUPER Nova

概要

IsoTekが開発した前段機器用のパッシブ型パワーコンディショナーの最高傑作、Super Novaがアルティメット・シリーズに新たに加わりました。一般的なパワーコンディショナーとは違い、それぞれの出力コンセントに応じて急激な大電流の要求にも対応し、接続した機器から発生するディファレンシャルモード・ノイズの相互干渉を防ぎます。

  • コモンモードとディファレンシャルモード両方の電源ノイズを除去
  • 瞬間最大耐量108,000Aの保護回路を搭載
  • 8系統のコンセントにそれぞれ個々のフィルターを搭載し、接続機器から発生するノーマル(ディファレンシャル)モード・ノイズによる相互干渉を排除
  • 独自技術であるKERP ©(Kirchoff’s Equal Resistance Path)により、すべてのコンセント出力に均等な抵抗負荷と電力を供給。各コンセントの相互干渉を排除
  • ヨーロッパ、英、米、スイス、オーストラリア(中国)に対応

特徴

  • 各系統16Aの8つの出力コンセントは、4倍のインダクタンスを持った優れた定格10Aのチョークコイルを備えており、完全なフィルタリングを実現する直列型フィルターとして機能します。
  • IsoTek VAD バリア ― 真空に限りなく近い誘電率を実現するため、IsoTekは回路の接触抵抗を極限まで減らし、絶縁体に特殊なFEP を採用しました。これにより1.0548の誘電率を実現するVAD(仮想空気誘電体技術/Virtual Air Dielectric)が生まれました。
  • DCキャンセラーを追加可能
  • ヨーロッパ、英、米、スイス、オーストラリア(中国)に対応

デザイン

IsoTekが開発した前段機器用のパッシブ型パワーコンディショナーの最高傑作、Super Novaがアルティメット・シリーズに新たに登場。

Super Novaは一定の電力を消費するコンポーネント、CDプレイヤー、ミュージック・サーバー、DAC、プリアンプ、フォノイコライザー向けに設計されました8つの電源コンセントにはそれぞれ専用のパワークリーニング・システムと、1口あたり瞬間最大耐量100,000A/8口合計800,000A以上の余裕を持たせた保護回路が備えられています。

Super Novaは4倍のインダクタンスを持った優れた定格10Aのチョークコイルを備えており、このコイルは大幅にフィルタリングを改善する直列型フィルターとして機能します。このコイルは、大きな電気エネルギーを蓄える事で瞬時に電力供給を可能とし、コンポーネントが消費する25-40Wの負荷電流に対応します。また、コンデンサと組み合わされた2つの無線周波数チョークコイルで構成された、伝統的かつハイレベルなPiフィルターも加わっています。

さらに弟機Novaに備わった”Adaptive Gating”システムも搭載。接続された機器のインピーダンスに応じて最適なフィルタリング調整を行い、ディファレンシャルモード・ノイズの相互干渉を防ぎます。

仕様

電源の数8
差し込み口の形式英, EU, 米, 中, 豪, 南ア
メイン・インレット10A IEC C19
電源電圧100 to 240V / 50-60Hz
定格電力2,300W
総ワット数2,300W
過渡電力14,720W
過渡電力2,300W
サージフィルター瞬間最大耐量100.000 Amp(1口毎)
ディメンション500 x 300 x 500mm (W x H x D)
Weight45kg

レビュー

Audiotechnique.com –  2019年6月

業界賞

為 EVO3 SUPER NOVA 的升級推介

EVO3 ASCENSION

EVO3 Ascension IsoTekの電源ケーブルの設計と技術革新を新しいレベルに引き上げます。

閱讀更多

「聞いたことに驚き、ショックを受けました。初めて、ハイファイではなく音楽を聴いていました。」

Hi-Fi World Magazine